【職人目線を聞いてみました!ナカジマ建設の良さとは…?~その1~】

【職人目線を聞いてみました!ナカジマ建設の良さとは…?~その1~】

ナカジマ建設の家づくりの良さについて、お施主様目線や当社の営業目線でお伝えをしてきました。今回は、現場でいつも活躍している協力会社の皆様から、ナカジマ建設の家づくりの良さを聞いてきました♪

 

(外壁を担当している、岩井興業の岩井さん)

まず、デザインについては幅広く対応できるのが強みなんじゃないかな、と思っています。和風も洋風もきちんと作れる印象です。ハウスメーカーさんになると得意分野が大きく分かれてくるのですが、そうしたデザイン面は色々対応されているなと思っていますよ。勾配天井や吹き抜けなどの造りに関わるデザインもお得意ですよね。

 

また、和風の家をつくりたいと思う方であれば、上辺だけのデザインだけをみていると後悔してしまうケースがあります。純和風の家をつくりたくて床の間などを設けたいと思ったとき、大工の腕の差が大きく出てきます。和風っぽいデザインが得意な会社はたくさんありますが、本当に純和風の建具やつくりが必要となると、昔ながらの技術が必要になるのです。大工さんのスキルによって大きく差が生まれてしまいますので、関わる大工や業者の腕まで気をつけたほうが良いと思いますね。

 

職人目線を聞いてみました!① モダンな和室

 

その点、ナカジマ建設さんでは本当に腕の良い職人さんがそろっていると思いますので、安心してお任せできますよ。使っている材料もコストだけでなく品質もきちんと意識したものを使用されているので、職人目線でも安心できる現場だと思っています。

PAGE TOP