飯塚市・田川市・直方市で新築一戸建て・リフォームなら、パナソニックビルダーズグループのナカジマ建設へ

お電話でのお問い合わせ
0120-300-557
営業時間 9:00~18:00/毎週火曜日定休日

お問い合わせ・資料請求はこちら

モデルハウスのご案内

【イチから知ろう!家ができあがるまでの流れについて♪~その1~】

 

【イチから知ろう!家ができあがるまでの流れについて♪~その1~】

家づくりの細かな流れについてご紹介したいと思います。どのタイミングでどのようなことが行われるのか知っておくだけで、きっと安心できるはずです♪

 

(1)地盤調査

※土地購入後に調査が一般的です(資金計画の段階では補強工事の予算を計画します)

まず初めに、おうちを建てる土地の地盤調査からスタートします。土地の状況をイチから確認して、強度が不足していないか、地盤に対してどういう対応が必要かを見極めます。地盤調査後に地盤がゆるいと判断された場合には、地盤改良工事が必要になることも。

 

(2)地鎮祭

お日柄の良い日を選んで、地鎮祭を実施します。地鎮祭とは、これから家を建てる土地の神様に、その土地を使わせてもらえるように許可を得るため、その土地・神様を祝い鎮める儀式のこと。地鎮祭の詳細の流れはコチラの記事にまとめておりますのでぜひ見てみてくださいね♪

⇒【地鎮祭の流れ】https://n-techno.net/blog/20200709/

 

イチから知ろう!家ができあがるまでの流れについて 地鎮祭の様子

 

(3)基礎工事

※388ものチェック項目のある構造計算のもと、ベタ基礎の使用を確定!

家の土台でもある「基礎」をつくる工事。一般的な注文住宅のおうちでは「布基礎」と「ベタ基礎」のいずれかを採用しますが、テクノストラクチャー工法では建物の底全体をコンクリートで支える安定性の高い「ベタ基礎」工法を採用。地震の揺れだけでなく、地盤沈下や湿気、シロアリ侵入にも強いので、耐久性に優れたおうちになりますよ。事前に行った地盤調査の結果をもとに、建てる家と地盤の状態に合わせた基礎をつくりあげていきます。

 

次回も引き続き、おうちが出来上がるまでの流れをご紹介していきます♪お楽しみに!

 

お電話でのお問い合わせ

0120-300-557

営業時間9:00~18:00 / 毎週火曜日定休日

ページのトップへ戻る
single-blog