地震に強い家。木と鉄でつくる
耐震工法テクノスストラクチャーの家とは

お電話でのお問い合わせ
0120-300-557
営業時間 9:00~18:00/毎週火曜日定休日

お問い合わせ資料のご請求はこちらから

  • テクノストラクチャー工法の家

地震に強い家 テクノストラクチャー工法

テクノストラクチャーの躯体と梁

テクノストラクチャーとは、災害や経年劣化によって たわみやすい梁に鉄を入れて補強したテクノビームという、 パナソニックオリジナルのハイブリッド梁を使い 構造計算に基づいて建てられているのが 『テクノストラクチャーの家』です。

「テクノストラクチャーの家」を支える「テクノビーム」

木の強度は縦の力には強いが、横の力には強くない。
木の強度はどうなの?

昔から日本人になじみのある「木」。木は環境にもやさしく、丈夫で長持ち。 それは、法隆寺などの歴史的建築物を見ればおわかりいただけると思います。 しかし、木には生育してきた縦向きの力には強く、横向きの力には 弱いといった特性があります。つまり、柱のように木を縦向きに使う場合は 十分な強度が期待できますが、梁のように横向きに使う場合は、 強度が不足しがちになるといった弱点があります。

パナソニック独自の耐震工法 木と鉄のオリジナル複合梁「テクノビーム」
テクノビームの構造

テクノストラクチャーでは、木と鉄を組合わせた「テクノビーム」を採用。 通常の木の梁と比べるとたわみが少ないので、長い年月が経過した後も、 梁のたわみからくる骨組み全体のゆがみがおさえられます。 さらに地震などの一時的にかかる大きな力に強いのも安心のポイントです。

一棟ごとの強さを保証する「構造計算」

家の骨組みのバランスや強さを確認するのが「構造計算」
しかし法律上、2階建ての木造住宅には義務づけがありません!
構造計算をしている様子

建造物を建てる際、災害に対する強さを確認する唯一の方法が「構造計算」 です。しかし建築基準法では、木造2階建て以下の住宅は構造計算が 免除されており、法律で定められている最低限の基準のみをクリアして 建てられているのが現実です。テクノストラクチャーでは、確かな 安全・安心のため、事前に構造計算を行うことを当然として、一棟ごとに 骨組みのバランスと強さが保たれているかを確認しています。

一棟ごとにコンピューターで災害シミュレーション
構造計算の「保証書」付き
構造計算書と構造計算保証書

構造計算を行った後、住宅の引き渡し時に「構造計算書」と「構造計算保証書」 を発行し、施主様にお渡ししています※。構造計算書では、一棟ごとに シミュレーションされた構造計算の内容をご確認頂けます。 構造計算保証書では、パナソニックが構造計算結果および構造計算方法に ついて保証することをお約束しています。 ※住宅瑕疵担保責任保険への加入等、一定の条件を満たすことが必要になります。

もしもの時でも安心!全棟耐震等級3が標準

実物大の住宅で耐震性能を実証
主要構造体や接合金具の損傷・変形なし
テクノストラクチャーの耐震実験

テクノストラクチャー工法では、耐震性能が住まいの基本条件と考え、 阪神・淡路大震災と同じ震度7の地震波形で実際に建てた家を振動台に かける実験を実施致しましたが、主要構造体や接合金具の 損傷・変化はなく、高い耐震性が実証されております。

お電話でのお問い合わせ

0120-300-557

営業時間9:00~18:00 / 毎週火曜日定休日

メールでの問い合わせ

資料請求はこちら

ページのトップへ戻る